CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ブログやるならJUGEM
<< 第56回:「台風や大雨から命を守るために」 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
第57回:「とりあえずの中締め」
皆さん、こんにちは。「しぶさん」こと、渋谷和久@国土交通省です。今まで1年以上、この日記を続けさせていただきましたが、本日(7月4日)付けで東京に転勤することになりました。もちろん、ブログはどこに居ても続けることができますが、新しい仕事に慣れるまで、しばらくお休みさせていただきます。

これまでこの日記は多くの方々にお読みいただきました。メール等で感想やコメントを寄せてくれた方々には本当に感謝しています。

私がこの日記でお伝えしたかったことは、「防災」というのは、何か特別なことではなくて、日常の中にこそ大切なことがあるということです。災害が発生するということは、非常時で、「日常」の対極にあるものです。しかし、平時から備えておかないと、「非常」に対応できません。

備えで重要なことは3種類あります。まずは、正しい知識を身につけることです。孫子の兵法に、「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」とあります。備えなければならない災害はどのようなもので、自分たちにどのような被害をもたらそうとしているのか、それに対し、自分たちの弱点は何か、的確に把握することが第一歩です。

大地震を想定して点検してみたところ、住宅の耐震性に不安があったり、家具の固定が不十分であった、などを「知る」ことは、「防災」に向けた重要なステップです。

次に、災害が来ても、被害を軽減することができる対応策を、今すぐ実行することです。耐震補強をすること、家具の固定をすることなどで、命を救うことができます。このような備えのことを、減災対策(ミティゲーションMitigation)とよびます。

そして、災害後の対応を的確、迅速に行えるような備えも必要です。飲料水等、非常用持ち出し袋を準備するほか、家族との安否確認の方法をあらかじめ決めておくことなどです。このような備えを、プリペアドネス(Preparedness)とよびます。

 プリペアドネスについては、個人だけではなく、ご近所、地域ぐるみで行うと効果的です。一人暮らしや寝たきりのお年寄りに声をかけたり避難のお手伝いをすることをあらかじめ決めておくなど、いざというときにお互いに助け合う「共助」の精神を、日常的なお付き合いや、まちづくりの中で育んでおくことが必要です。

 人間は経験から学ぶものですが、幸か不幸か、一人の人間が大きな災害に遭遇する確率は高くはありません。ついつい、日常的なあれやこれやに紛れて、「防災」は後回しになってしまいがちです。しかし、わが国は、過去多くの災害に見舞われてきました。その経験から私たちが学べることはたくさんあるはずです。

大きな災害が発生すると、防災意識は一時的に高まります。でも、時間がたつとそうした意識は薄れてしまいがちです。私は、防災に関する意識を日常的なものとするにはどうしたらいいか、ずっと考えてきました。今ではこう考えています。「防災のために何かをしなければいけない」と思うから、何か特別なことだと思ってしまうのです。

もっと日常的な、「大切な家族を守りたい」「大好きなこの『まち』をもっといい『まち』にしたい」「お隣のおじいちゃんのことが気にかかる」などといった思いが、実は防災につながるものなのではないでしょうか。

人間は、経験ではなくても、「智恵」を共有することで賢くなれます。そのことで、「家族を守りたい」という、自然な思いを、よりよく実現することができます。専門家に任せるのではなく、我がこととして防災を考えるためには、まず「智恵」を共有することです。このように、市民が、自ら責任をもった変革主体となるための知識や技術を身につけることを、「エンパワーメント」とよんでいます。防災だけではなく、まちづくり、地域づくり全般で語られている言葉です。

この日記は、読者の方々をエンパワーすることを目指してきました。少しだけお休みをいただいて、また、新たなエンパワーメントのために、再開することにしたいと思います。

それではまたそのときまで。

********
渋谷和久(国土交通省大臣官房広報課長)
内閣府防災担当企画官、国土交通省都市計画課室長を経て、平成18年7月から2年間、九州地方整備局総務部長を務める。
関西学院大学災害復興制度研究所客員研究員。日本自然災害学会、地域安全学会、災害情報学会会員。日本災害復興学会理事、NPO法人「都市災害に備える技術者の会」企画委員、「東京いのちのポータルサイト」理事、「京都災害ボランティア・ネット」理事。
福岡勤務の2年間は、平日は福岡のおいしい魚と焼酎を堪能し、休日はエアロビクスで汗を流していた。
| - | 09:00 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | pookmark |

相手の女がテクニシャンすぎて即イキしちゃったわwwww
でも一回は一回だからな! キッチリ諭吉いただきましたwww
てか女も「かわいい」って笑ってたし、別に俺は悪くないよなー?
| ピュワァーっっっっちゅwwww | 2009/05/11 10:15 AM |

> 教えてくれた人
書き込み消えてるから名前わかりません(すいません・・)
半信半疑で試してみたんすけど、その日にハメちゃいましたwwww
本当に一発で5万貰えるって思ってなかったんで正直ビビりましたよ(^^;
思ってる以上に世の中甘いもんなんすねーーwwwww
| これなんて錬金術?? | 2009/06/29 2:06 AM |

遠隔ヴァイブ試してきたよーヽ( ・∀・)ノ
街中だってのにスイッチ入れる度にさっちゃんたら足ガクガクしちゃって・・・
見てて興奮しすぎて近くのビルのトイレでやっちゃったし(*´д`*)
ヴァイブ遊びってチョー楽しーよねー(´・∀・`)
| ビー!ビー!ビー! | 2009/07/05 7:47 AM |

相互オナって約束だったけど、いざとなるとやっぱガマン出来ねw


まー相手もチ○ポ欲しがってたし結局セクったんだけど、
つーいウッカリ中 出 ししちゃったo(〃^▽^〃)o
| みんなホントにオナ鑑だけなの? | 2010/01/29 5:41 PM |

「とりあえず生中でぇー♪」って言われて、何の事か聞いてみたら
生でナカダシしてって事だって(*´ー`)ノ 略語ムズィな。。


ちょっとしつけが必要だと思ったから3回ナカダシしといたぞ(。`・ω・)!!!
| 20歳の娘ゴチでした。。 | 2010/02/05 11:35 AM |

セ ッ ク ルしただけで5万もらった!!ヽ(・∀・)ノ

しかもマ ヌ コ広げて挑発してくる工口娘だったし!!!!

こんなの体験したら、風 俗行くのがバカらしくなるな(笑)

http://7m0wz9k.cool.navitime.me/
| がんちゃん | 2010/06/30 9:15 PM |

http://ey47cuf.tida.psyrents.net/
ここで何故かオレのメタボディが超人気wwwww
この前も一週間で8人と会って、40万も稼いじまった!!笑
おかげで美味いモンばっか食ってるから、さらにメタボディ増量中wwww
| 見習いの豚 | 2010/07/13 11:56 AM |

Hしてお金もらえるって最高だな!!!!
ぶっちゃけテキトーにやっても月30万越えとか余裕だし(笑)

もう仕事辞めて、これ一本で食ってくわ!!!!(* ̄ー ̄)v
http://d5ephx2.noah.topemope.net/
| 底辺ドカタ | 2010/10/02 7:39 PM |

気持ちいいとか言う次元じゃないのよこれ。
なんかもう、全身泡になったっていうか・・・
貴重な体験+ギャラで、ホントイイこと尽くしだったなぁ。
http://wgn4l5u.gim.uerock.net/
| 桃医 | 2011/01/09 4:34 AM |

だってねぇ、延々ぶっ続けなんだよ?4時間も。
そりゃ俺も限界来るだろ。ねえ?来るだろ?!
ホ〒ノレ出た時にはもう足月要ガクガクだったわ……
http://gin77jl.az.kasira-d.net/
| 志波康之 | 2011/01/14 8:33 PM |

うっひょっひょぉぉぉっ!!ヽ(・∀・)ノ

八"イヴ攻めしてたら「ち○ぽ欲しいよぉ〜」っておねだりキタ!!
ぶち込んでやったら、そんだけでイキまくってた件wwwww

これで5万ゲット。。。ウマすぎるwwwww
http://u8qq8y9.updown.yen-doller.info/u8qq8y9/
| ぱんてい | 2011/05/03 2:14 AM |

紳助引退の真相はこちら
http://3s9v-24.ato.zetto.info/3s9v-24/
| AtoZ | 2011/08/27 5:23 AM |









http://snsinstyle.jugem.jp/trackback/57